NEWS

最新情報

掲載日:2023/12/14

毎日新聞で紹介されました

PDF資料


掲載日:2023/08/19

【8/27(日)】<ヒロシマ講座>テレビメディアから見える「満蒙開拓」

 
全国でおよそ27 万人が参加したと言われる「満蒙開拓」ですが、長野県からの参加者はおよそ3 万3 千人、全国で一番多い県でした。今回は長野の信越放送で満蒙開拓をめぐるさまざまな番組制作に関わってきている手塚孝典さんにおいでいただき、テレビ番組で何を伝えようとしてきたか、番組制作を通して感じたことなどをお話ししていただきます。 ★会場=新宿区男女共同参画推進センター (新宿区荒木町16) 資料準備がありますから、必ず事前に申し込み (名前と電話番号)をお願いします 申し込み先=qq2g2vdd@vanilla.ocn.ne.jp(竹内) 参加費(資料代)=1,000円 ★ZOOM での参加 申し込み先=https://peatix.com/event/3663417 参加費=600円 ★企画「ヒロシマ講座」 主催「満蒙開拓を考える連絡会」


掲載日:2023/03/05

【4/1(土)】「拓魂公苑」と「拓魂祭」を考える(「満蒙開拓」を考える公開講座・第11回)


講師:
加藤 聖文さん
(国文学研究資料館准教授)
 開催日
2023年1日(土) 13:30~16:30

多いときは2,000人を越える参加者があったという「拓魂祭」ですが、主催していた全国拓友会の解散、さらに満蒙開拓に参加した当事者の高齢化などもあり、最近は参加者が激減してきています。
 
それでもなお、行事を絶やすまいと考えた有志で支えてきましたが、ここ3年ほどはコロナの影響もあって、運営が難しくなってきているのが現実です。
一昨年と昨年、拓魂碑の読み上げ、午後の集いなども開かれましたが、今年4月9日(日)は特別な取り組みは計画されていません。
 
さて、9日の拓魂祭直前、昨年の「満蒙開拓を考える連続講座」においでいただいた加藤聖文さんから、拓魂公苑にある「拓魂碑」とはいったい何か?のテーマでお話を伺い、拓魂祭の<原点>と、<今後>について、みなさんと一緒に考えたいと思います。 
どうぞみなさん、ご参加ください。


 

会場地図(グリーンの「TVAC」が「東京ボランティア・市民活動センター」です)
資料準備がありますから、必ず事前の申し込み(お名前と電話番号)をお願いします
会場参加=東京ボランティア・市民活動センター
 
(新宿区神楽河岸1-1 【飯田橋駅隣接】
 
飯田橋セントラルプラザ10階・会議室B
先=qq2g2vdd@vanilla.ocn.ne.jp竹内)
 
参加費=1,000円 当日集めます
Zoom参加 参加費=600 3日前までに①②のいずれかの
 
方法で申し込みを! 入金確認後にURLを連絡します。
 
①⇒ http://ptix.at/nDqt6D
 
最初に各自アカウントを開設しますが、クレジット決済も可能です。送料・手数料不要
 
②⇒cfrtyo@gmail.com(有光)にメールを送った上で、郵便振替で送金してください。 
 
送り先は00180-3-464926「シベリア抑留者支援センター」    
手数料110円が必要
★企画「ヒロシマ講座」  共催「満蒙開拓・拓魂公苑」を考える連絡会
 
協力 シベリア抑留者支援・記録センター
感染予防対策(マスク、手洗い・・・など)を十分にしてご参加ください
 

掲載日:2023/02/23

【3/5(日)】「殉難英魂碑~青少年義勇隊東京中隊碑」都内の満蒙開拓慰霊碑をめぐるフィールドツアー第5回(要予約)


開催日:2023年 3月5日(日)
集合:13:00 京王線多磨霊園駅
 
★案内:英(はなぶさ)太郎さん(歴史研究家)

東京都内にある10ヶ所の「満蒙開拓慰霊碑」を訪ねる企画の第5回めは、府中市の東郷寺(=東郷平八郎の別荘跡に昭和14・1939年に建てられたお寺)にある慰霊碑(=昭和33・1958年建立)を訪ねます。そして併せて府中市内の戦争遺跡もめぐります。 
どうぞご参加ください。
 
(東郷寺=東京都府中市清水が丘3-40-10)


東郷寺には、映画「羅生門」のセットのモデルになったという山門、そしてもう一つ、とても興味深いモノがあるのですが、それは現地で確かめてください。そのあと、
 
→ (旧甲州街道経由)→ 白糸台掩体壕 → 京王線武蔵野台駅 → 京王線府中駅 → 市民活動センタープラッツ「東京空襲資料展」(百式司令部偵察機の尾翼)
 
15:30ごろ 解散予定 = 京王線府中駅
 
【お申込み・問い合わせ】
資料の準備のために必ず事前申込(お名前と電話番号)をお願いします
申込・問い合わせ先メールアドレス →→ qq2g2vdd@vanilla.ocn.ne.jp(竹内)
*参加費 1,000円 当日
 
【主催】 「ヒロシマ講座」・共催「満蒙開拓・拓魂公苑」を考える連絡会
 
これまで訪ねた慰霊碑は、「荏原郷開拓団慰霊碑」(品川区・朗惺寺)・「湖北農場殉難者之碑」(世田谷区・東京農業大学内)・「母子地蔵」(台東区・浅草寺)・「彌榮村民殉難者之碑」(台東区・本龍寺)・「興安友愛の碑」(目黒区・五百羅漢寺)の5ヶ所。

 
掲載日:2023/02/23

【2/26(日)開催】「満蒙開拓を考える講座」補講のご案内


1/14連続講座「満蒙開拓を考える」第10回として講師・一條三子さん“満蒙開拓青少年義勇軍 「濫觴期」から第八次年まで~”と題してお話いただきました。大変精緻なレクチャーでしたが、時間が足りず、後半の「宮城県の具体例」について十分解説いただけず、質問の時間も取れませんでした。またZoom聴講の方には、一部音声が聞き取りにくく、スライドの画面が見えないなどの難点もありましたので、それらの補う追加の講義を講師の一條さんにお願いし、快くお引き受けいただきましたので、下記の要領でリモート(Zoom)のみで、補講を行っていただきます。前回のレジュメを読み直して、ふるってご参加ください。
 
1/14の講座に参加されていなかった方も聴講できます。
● 連続講座「満蒙開拓を考える」第10回補講(予約不要)
●日時:2023年2月26日(日)20:00~21:30
●Zoom URL:https://us02web.zoom.us/j/87319321106?pwd=WTZselQ2WUpFZUZYVDBiOEVYeDFUQT09
                      ミーティングID: 873 1932 1106
                     パスコード: 314560
●講師・一條三子さん(放送大学埼玉学習センター及び跡見学園女子大学非常勤講師)
●テーマ:“満蒙開拓青少年義勇軍 「濫觴期」から第八次年まで~”  
●参加費:無料、前回(1/14)のレジュメをお持ちでない方は、折り返しご請求ください。
●連絡先:cfrtyo@gmail.com ☏080-5079-5461「満蒙開拓」を考える連絡会・有光